· 

妊娠中の腰痛の治療

文責 柔道整復 創健堂 院長 榊原孝文

妊娠してお腹が大きくなるにつれて、だんだん反り返りの姿勢が強くなり、腰にかかる負担が増えてきます。

また、夜寝るときには仰向けに寝にくいことから、左右どちらか横向けで、そして寝返りが打ちにくいことで、一方向ばかりで寝ているといった身体にとって同じところにだけ負担のかかってしまいます。

この様な偏った姿勢が続くと、部分的な血行不良や筋緊張、また、背骨の歪みなども起こってしまいます。

 


また、妊娠中には腰痛だけでなく肩こりを感じる方もとても多いようです。

ただ、妊娠中は鎮痛薬の服用や湿布薬は、胎児のことを考えると副作用を恐れて使用する方は少ないでしょう。


電気治療なども胎児への影響を心配して、受けようとはされないでしょうし、マッサージなどリラクゼーション目的の施術でも、お腹が大きくなることで、うつ伏せに寝ることが困難なことから施術をあきらめてしまう方が多いのではないでしょうか。


創健堂の施術は、患者様の身体に負担のかからない最も楽な姿勢で施術し、また手技のみの施術なので副作用の心配をせずに安心して受けて頂けます。また、腰痛や肩こりの原因として、日々の偏った姿勢による背骨の歪みがあり、その歪みをとるための施術を行い根本から治していきます。

根本から治すということは、楽な状態が続くようになるということです。

入浴やストレッチだけでは良くはなりません。

創健堂の施術で一日も早く楽な生活を送っていただきたいと思います。