頭痛の原因と創健堂の施術


目次

あなたはどのような頭痛で悩んでいますか?

1.頭痛の症状

✅ デスクワークをしていると痛くなってくる

✅ スマホを見続けていると痛くなってくる

✅ 肩こりが強くなってくると頭痛も強くなる

✅ 夜、枕をしていると痛くなってくる

✅ 目が疲れてくると片頭痛を感じるようになる

✅ 常に何となく痛い

✅ なんとなく重いような痛いような感じがする

✅ 首の後ろから頭にかけて、首コリに併せて頭痛がする


2.頭痛の主な原因

頭痛といってもその感じ方は人それぞれで、考えられる原因は、筋肉の過緊張、血行不良、首の骨の変形、時には脳の疾患など様々ありますが、見過ごされている原因の一つに背骨のズレがあります。

  

あれこれと検査を受けてもはっきりとした原因が突き止めれれていない肩こりや、脳疾患を除く診断名がついた後に、それなりの治療を受けているにもかかわらずなかなか良くならない頭痛では、背骨のズレを疑ってみる必要があります。

 

また、背骨のズレが原因で、頭痛だけでなく以下のように様々な症状が現れます。

・肩こり

・肩の関節の痛みやだるさ

・肩から腕にかけての痛みやだるさ

・顔を左右に向けると首すじに痛みやツッパリ感がある

・顔を上下に向けると首すじ痛みやツッパリ感がある

・手がしびれる

・腕がだるい


背骨の首の部分には、7つの骨が重なっています。また、胸椎といって背中には12個のほねがあり、これらの骨の間を神経が通っていて、肩周辺の筋肉や腕の方へ、また背中から胸に広く分布しているのですが、背骨がズレることによってその神経が圧迫されてしまい、『痛い』『だるい』といった症状が出てきます。

 

頭痛の場合は、この7つの骨がズレることによって起こることが多いです。

 

しかし、すべての頭痛が同じ方向にズレておこるのではなく、そのずれ方は人それぞれです。ですから、一つ一つ骨の位置を確認して的確にそのズレを矯正する必要があります。

 

 

 


3.当院での施術方法

1.問診でどのような症状なのかをしっかりお聞きします。

2.お悩みの症状以外の身体の状態を確認します。

  ・周囲の筋肉の緊張の有無

  ・首、左右の肩関節の動き方(硬さ、左右差)

  ・腫れ、熱感の有無

  ・背骨のズレの有無

3.(ズレが生じている場合)矯正のための手技

4.手技により事前に確認した症状に変化があるかどうか確認

5.変化があれば背骨のズレを症状の原因として確定

6.変化がなければ、順次その他の方法で原因を追究

7.筋緊張が強い時には、緩めるために適切な医療機器を使用

 

このようにして、早期改善・早期治癒を目指します。  


背骨のズレが原因の症状は、ズレが改善されればすぐに改善の変化を確認することができます。

 

創健堂では、早期改善・早期治癒を常に心がけています。