院長のワンポイントアドバイス|京都市北区、上京区、右京区で信頼できる整体をお探しなら創健堂へ

  • 完全予約制

    0754625780

    「HPを見て~」とお伝えください

  • 施療時間
    9:30~19:30
    ※土曜日・祝日は13:00まで
    定休日
    水曜日・土曜午後・祝日午後
  • お問い合わせ

院長のワンポイントアドバイス

WEB予約

登録販売者について

登録販売者とは、2009年の規制改革による改正薬事法で新設された、一般用医薬品販売の資格です。
それまでは薬剤師でなければ一般用医薬品を一般購入希望者に向けて販売することができませんでした。
医薬品には医療用医薬品と一般用医薬品があり、前者は医師が処方しなければ入手できないものであり、後者はドラッグストアなどで誰でも購入できるものです。
一般用医薬品は、さらに第1類・第2類・第3類と区分され、登録販売者は第2類・第3類医薬品の販売を許可された者です。

セルフメディケーションという言葉があり、これを世界保健機関(WHO)は「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義していますが、日本でもこの考え方を普及し、自分の健康には自身で責任をもち健康に対する意識を高め、安易に医療にかからないように指導することで、毎年増加する医療費の抑制に繋げようとしています。
登録販売者は正しく医薬品が使われるように、使用者に対してアド バイスを行う責任を負います。
また、使用することで副作用などが現れた時には、使用を中止させるとともに医科への受診を指導します。

2つの資格の観点

  • 柔道整復師

  • 登録販売者

身体の事を熟知した「柔道整復師」、薬のプロフェッショナル「登録販売者」…この2つの資格を持っているからこそ言えることがあります。
そのため、薬とうまく付き合い、健康な身体を正しく維持するための方法を的確にアドバイスができます。

柔道整復師としてアドバイスしたいこと

あなた自身の努力も必要です。

『自然治癒力』という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
何もしなくても治る力…のように思えてしまい、必要な処置や治療を受けずにそのままにしてしまいがちです。
私は、『自発治癒力』と表現するのが正しいと思っています。

骨折し曲がった骨を正しい位置に整復する、脱臼し外れた関節を整復する、ずれた背骨を正しい位置に矯正するなど手技は治療や施術の中でとても大切な要素ですが、折れた部分が元通りの硬い骨にまで修復すること、損傷した筋肉や靭帯が元通りの機能を発揮できるようになるまで修復することは、その人それぞれが体に備えている「自発治癒力(100人の名医)」によるところであり、 柔道整復師は自発治癒力をうまく発揮できるように手助けするという役割を担います。

自発治癒力を十分発揮するためには、あなた自身の協力が不可欠です。

登録販売者としてアドバイスしたいこと

あまり薬に頼らないでください。

薬は、そのほとんどが病気の症状を抑えるために作られているものであり、病気の根本治療になっているわけではありません。本当に辛いとき、その辛さを一割か二割、減らすために薬を使うのはやむを得ないと思いますが、カラダにとっては異物であり、異物がカラダに入れば肝臓で分解したり、尿として体外に排出しようとして肝臓や腎臓に負担がかかります。
これが長期に続けば、肝炎や腎炎の引き金となるのです。
薬剤師で栄養学博士の宇田川久美子さんが著書「薬が病気をつくる」の中で、
【かつてヒポクラテス(古代ギリシャの人物で世界最古の医者)は、「人間は生まれながらにして自らのうちに『100人の名医』をもっている。われわれ医者が行うべきはこれら名医の手助けにほかならない」と言っています。「いちばんの名医は、自分の中にいる」—-すべては、ここから出発すべきなのです。】と書いています。
あなたの中にも『100人の名医』がいるのですから、その名医の力を借りて健康を手に入れてほしいのです。