スポーツによる足の痛みでお悩みの方へ|京都市北区、上京区、右京区で信頼できる整体をお探しなら創健堂へ

  • 完全予約制

    0754625780

    「HPを見て~」とお伝えください

  • 施療時間
    9:30~19:30
    ※土曜日・祝日は13:00まで
    定休日
    水曜日・土曜午後・祝日午後
  • お問い合わせ

コラム

WEB予約

スポーツによる足の痛みでお悩みの方へ

コラム 

最近は、マラソン大会があちこちで開催されるようになり、また、健康維持を目的としてランニングする人がとても増えてきているように思います。

ランニングだけでなく運動を積極的に行うようになると、足の痛みで悩まれる方も増えてきます。そこで、足の痛みについて分かりやすく説明しますね。参考にして下さい。

【足底筋腱膜炎】
足の裏の、アーチを形成する筋肉やかかとに近い腱膜と呼ばれる部分に炎症が起きて現れる痛みです。バスケット、バレーボール、マラソン、駅伝、サッカー等、様々な競技でみられる障害です。

足底腱膜炎

スポーツ以外にも、日常生活の歩行で負荷がかかることが多く、安静を保ちにくいので症状が長引きやすい傷害といえます。

 

【シンスプリント】
膝から下のすねの骨(脛骨:けいこつ)の内側部分に炎症が起き現れる痛みです。
初期では運動をしている時や、または運動を終えてしばらくの間、すね部分に痛みを感じていますが、しばらくすると治まってしまいます。しかし、頻繁に負荷をかけ炎症が強くなると、痛みは継続するようになり歩行するだけでも痛むようになります。

シンスプリント・疲労骨折

 

体操などの跳躍競技、マラソン、駅伝などの長距離走、サッカー、バレーボールなど長時間かつ頻繁に足に負荷がかかる競技でよく見られる傷害です。骨の表面または骨に付着する筋肉の炎症による痛みです。

シンスプリントと同様の部分に痛みが現れる別の傷害に疲労骨折があります。

シンスプリントと疲労骨折は、痛み始め(初期の段階)では、よく似た症状です。脛骨の上部(膝に近い部分)に現れることが多いのが疲労骨折で、下部(足首に近い部分)であれば、シンスプリントという意見もありますが、はっきりとしたものではありません。

【疲労骨折】
骨自体に頻繁に負荷をかけることからおこる骨折で、一時に強い力がかかって起こる骨折と区別されます。

針金が曲げ伸ばしを繰り返されていると、やがて金属疲労を起こして折れてしまいますが、これと似たような事が骨にも起こります。

金属疲労

疲労骨折の場合、症状が現れて初期から中期に医療機関を受診するので、完全な骨折に至るケースはほとんどありませんが、レントゲン写真では写らない程度の僅かなひびや損傷が起きています。レントゲン写真では写らないような損傷なので、すぐには骨折か否かの判断はつきにくいのです。

痛み始めてから2~3週間経過後、X線検査で仮骨形成(新たな骨ができること)が確認できて、そこで骨折と判断されます。

シンスプリントと疲労骨折の違いは、部位ではなく、骨形成がおこるかどうかの違いだといえます。

脛骨以外にも疲労骨折を起こしやすい部分があります。
中足骨(ちゅうそくこつ)

中足骨疲労骨折

腓骨(ひこつ)

腓骨 疲労骨折

 

部位によって違いはありますが3〜6週間、安静を保てば腫れや痛みなどの症状は軽減します。中足骨や脛骨の疲労骨折の場合は、皮膚の下にすぐ骨を触れることができるので膨らんでいることが容易にわかります。

 

 

【対処法】
何でもかんでも冷やすのは止めましょう

痛みの出始めは、炎症が起きていることが充分に考えられます。熱をもって赤く腫れている時はアイシングや冷湿布が有効です。

しかし、いつの間にか現れた痛みや、痛みだしてから日数が経っているような場合は、冷やさないようにしましょう。

筋肉・靭帯・骨など、どの組織にしても損傷した時には炎症反応が起こりますが、時間の経過とともに炎症は治まり、損傷した部分の修復作用が起こります。その時、盛んにおこなわれるのは血管作り(血管新生)です。

修復部分に酸素や栄養素(修復に必要な材料となるもの)を送り届け、そこでできた不要物質を回収するためです。

冷やすことは血管を細めてしまうことであり、血管新生の本来の目的を邪魔することになります。血管新生を邪魔すれば、修復は遅れます。

痛いからといって消炎鎮痛剤(シップ薬)を貼っている人は多いと思います。消炎鎮痛剤は、交感神経を刺激する性質をもっていて、交感神経が刺激されることで血管が収縮するので血流が抑えられます。

シップ薬

炎症の強いときに消炎鎮痛剤の使用で、痛みを抑えることは期待できますが、修復段階で血流を抑えてしまうと治りにくくなってしまいます。

損傷の程度により、炎症の程度に差がありますが、1~2週間が一つの目安です。
この期間を過ぎたら消炎鎮痛剤の使用は止めて、温めて血流を良くするように心掛けましょう。

入浴

使い捨てカイロ